しりとり

【しりとり用】「あ」から始まる6文字の言葉84選!広辞苑から抜粋!

目次

相変わらず

以前と同様に。平常と特に変化なく。

アイシャドー

まぶたに塗る青色・茶色などの化粧品。目もとに陰影をつけるのに用いる。

アイスティー

氷で冷やした紅茶。

アイスピック

氷を細かく砕くための錐きり

アイスランド

大西洋北極圏付近の大きな火山島。共和国。

アイディアル

①理想的。
②観念的

アイドリング

〔機〕機関などを、低速で空転する状態。暖機運転。

アイルランド

イギリス本国グレート‐ブリテン島の西方にある島。

アイロニカル

ことばや態度に皮肉を含んでいるさま。「―な論調」

アウタルキー

自給自足経済。国民経済の自立を目指して、原料の自給化、外国依存の廃止をはかる政策。

アウトサイド

①外側。外観。
②野球で、ホーム‐プレートの打者から遠い側。アウト‐コーナー。外角。

アウトプット

出力。「情報を―する」↔インプット。

アエネーイス

古代ローマの詩人ウェルギリウス作の長編叙事詩。

アオウミガメ

海産のカメ。大形で、甲長1.4メートルに達し、アカウミガメとは甲羅の模様が異なる。

アカウミガメ

海産のカメ。大形で、甲長1メートル。体は赤褐色。大西洋・太平洋・地中海・インド洋に分布。

アカツメクサ

マメ科の多年草。ヨーロッパ原産で、日本には明治時代に牧草として入り、野生化している。

アカメガシワ

(若葉が鮮紅色だからいう)トウダイグサ科の落葉高木。日本・中国大陸に自生、日本では二次林に多い。

アガパンサス

ヒガンバナ科の観賞用植物。南アフリカ原産。長さ20〜40センチメートルの剣状で軟質の葉を根生。

アキカラマツ

キンポウゲ科の多年草。カラマツソウに似るが、高さ約1〜1.5メートルと大形で花期も遅い。

あきたこまち

水稲粳うるちの一品種。「こしひかり」を品種改良。1984年秋田県農業試験場で開発。

アクアラング

(水中肺の意)スキューバの一種。水中呼吸器。商品名。

アクシデント

不慮の出来事。事故。災難。奇禍。

アクセサリー

①ベルト・ブローチ・ネックレスなど服装をひきたたせるための装身具。
②機械類の付属品。周辺機器。

アクチニウム

放射性元素の一種。元素記号Ac 原子番号89。

アクチュアル

現実の。実際の。現行の。

アクロバット

軽業かるわざ。曲芸。また、それをする芸人。軽業師。

アグレッシブ

攻撃的。積極的。

アケボノスギ

メタセコイアの和名。特に同属中の現生の一種。

アサギリソウ

キク科ヨモギ属の多年草。本来は高山および北地の海岸植物だが、観賞用に栽培もする。

アシスタント

助手。補佐役。

アシナガバチ

スズメバチ科のハチの一群。中・大形、赤褐色に黒褐色の縞模様がある。脚が比較的長い。

アジテーター

煽動者。

アスタリスク

星印。「*」。注を添える時などに使う記号。アステリスク。

アステロイド

半径aの円の内周に沿って、半径がa/4の小円が滑ることなく転がるとき、小円上の一定点(P)がえがく曲線。

アスパラガス

ユリ科の多年草。南ヨーロッパ原産。葉は退化して褐色の鱗片となり、細枝は緑色で、密に分枝。

アスファルト

然に、または石油の蒸留残渣ざんさとして得られる黒色の固体または半固体。主成分は炭化水素

アセスメント

①評価。査定。見積り。

アタマジラミ

ヒトジラミのうち、主に人の頭部に寄生するもの。→ひとじらみ。

アタラクシア

〔哲〕乱されない心の状態。ヘレニズム時代の人生観、ことにエピクロスの処世哲学で、幸福の必須条件とする。

あっけしそう

北海道(厚岸付近)および四国の海岸の海浜湿地に稀に群生するアカザ科の好塩性一年草。

アットマーク

(和製語at mark)英字記号の「@」。商品の単価を表し、また、電子メールのアドレスに使う。

アップルパイ

甘く煮たリンゴを詰めたパイ。

アツモリソウ

ラン科の多年草。深山に自生。茎の高さ約30センチメートル。

当てずっぽう

根拠やめあてなしに事を行うさま。「―に答える」

アドバイザー

助言者。忠告者。顧問。

アナライザー

①分析装置。「スペクトル‐―」
②検光子。偏光の有無、偏光面の方向を知るための光学素子。

アビリティー

能力。才能。手腕。

アフターケア

①患者の治癒後に行われる社会的経済的救護のこと。すなわち回復患者の職業補導・特別雇用など

アフリカゾウ

ゾウの一種。雄は体高4メートル、体重7トンに達するが、雌はやや小さい。

アプリコット

あんず

アペタイザー

西洋料理で、食欲増進のための食前酒または前菜のこと。

アホロートル

メキシコ産の両生類。白色変異体(アルビノ)は、体が半透明のために血液が透けて、全体が桃色にみえる。

アポカリプス

新約聖書巻末の一書。ヨハネ黙示録。

アポトーシス

細胞の死の様式の一つ。個体発生の過程で、特定の細胞が特定の時期に死んで(プログラム細胞死)ある形態を形成するときなどに見られる。

アマランサス

ヒユ科の園芸植物ハゲイトウ。また、広くはヒユ科ヒユ属植物(その学名)をいう。

アミガサタケ

子嚢菌類のきのこ。傘は淡褐色の円錐形または楕円形で、表面は大小の凹みがあり、蜂の巣状。

アメリカマツ

北米北西部産のマツ科の針葉樹。北米でセコイアに次ぐ巨木。90メートルに達する。

アメリシウム

(アメリカに因む)超ウラン元素の一種。元素記号Am 原子番号95。

アライアンス

同盟。提携。特に、国際的な企業連合をいう。

アラセイトウ

アブラナ科の多年草で、園芸上は一年草。南ヨーロッパ原産。

アラビアータ

(「怒っている」の意から)イタリア料理で、唐辛子をきかせた辛いトマトソース。

アリゲーター

ワニ目アリゲーター科の一属。吻が幅広く、下の4番目の歯は口を閉じると外から見えない。

アルカイック

古拙な。古風な。アーケイック。

アルキメデス

古代ギリシアの数学者・物理学者。円・球・楕円・放物線およびそれらの回転体の求積法、てこの原理、アルキメデスの原理などを発見。

アルゴリズム

①アラビア数字を用いた位取り原理に基づいて、任意の数を表す方法。インド記数法。
②問題を解決する定型的な手法・技法。コンピューターなどで、演算手続きを指示する規則。算法。

アルジェリア

アフリカ北西部、地中海岸にある民主人民共和国。住民はイスラム教徒のアラブ人・ベルベル人が大半。

アルハンブラ

スペイン、アンダルシアのグラナダにあるイベリア半島最後のイスラム王朝(グラナダ王国)の宮殿。イスラム文化の代表的建築。

アルバトロス

(アホウドリの意)ゴルフで、パー(基準打数)より三つ少ない打数でホール‐アウトすること。ダブル‐イーグル。

アルピニズム

登山。特に、山に登ること自体を目的とする近代的な登山。

アルフレッド

中世初期のイギリス、ウェセックス王家の王。侵入したデーン人(ノルマン人の一派)を破ってイングランドの大半を統一。

アルミニウム

金属元素の一種。元素記号Al 原子番号13。銀白色の軽く軟らかな金属で、比重は鉄の3分の1。

アルメニア語

(Armenian)アルメニアの言語。東方言と西方言とがあり、東方言がアルメニア共和国の標準語。

アレグレット

〔音〕速度標語。「アレグロよりやや遅く」の意。

アロサウルス

ジュラ紀後期の北アメリカに生息した肉食恐竜。獣脚類の中間的な進化段階にあり、全長は最大約11メートルに達する。

アンクレット

①足首に付ける輪形の飾り。
②足首までの短い靴下。

アンサンブル

①小人数の合奏・合唱。また、小人数の合奏団・合唱団。
②演奏のまとまり具合。

アンジェラス

カトリック教会で、聖母マリアに対する受胎告知の記念に朝・昼・晩に行う祈祷。お告げの祈り。

アンチテーゼ

〔哲〕特定の肯定的主張(定立)に対立して定立された特定の否定的主張。反立。反定立。弁証法ではフュール‐ジッヒの段階。

アンチョビー

①カタクチイワシ科の小形硬骨魚。地中海・ヨーロッパ近海産。
②1の加工食品。塩蔵品を油漬にしたもの。

アンモニウム

1価の陽性基。種々の陰イオンと塩類を生ずる。化学式‐NH4

アースカラー

大地・土の色。ベージュ・カーキ色の類。

アーティクル

①新聞や雑誌の、記事・論説。
②法律や契約の箇条。条項。

アールグレイ

(イギリスのグレイ伯爵が紹介したことから)ベルガモットで風味をつけた紅茶。

アームチェア

ひじかけ椅子。

まとめ

  1. 「ん」で終わらない
  2. 広辞苑に掲載されている

いかがでしたでしょうか。今回は上記二つの条件に当てはまる言葉のみの選出したので、84選という微妙な数になってしまいました(笑)。しりとりや言葉遊びをする際にご活用いただければ幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございます、以上、なかぺんでした〜。

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
またね〜 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です