天気の子

【天気の子】陽菜が雷を落とせたのはなぜ?実は雷には深い意味が…徹底考察!

お願いっ!

帆高が捕まりそうになるこのシーン、とても印象的ですよね。『天気の子』を15回以上見ている僕ですが、毎回見るたびに息を飲んで見入ってしまいます。

さて、そんなこのシーンも含め『天気の子』内では雷が度々描かれます。実はそんな雷一つ一つにしっかりと意味があるのはご存知でしょうか。

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
え!?ただ天気が崩れてるだけじゃないの!?

ということで今回はそんな「雷」が表している情景や意味を深掘りしていきます。みなさんがもっと『天気の子』が好きになれますように。

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
れっつごー!

陽菜が雷を落とせた理由は?

まず、晴れ女である陽菜がなぜ雷を落とせたのか?という点です。

結論から言うと、陽菜が晴れ女ではないからです。順に見ていきましょう。

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
ええ!?陽菜さん晴れ女じゃないの?

陽菜は晴れ女ではなく天気の巫女

陽菜は作中で晴れ女として帆高から見つけられ、実際に天候を晴れにする力を持っています。

このことから「陽菜=晴れ女」と登場人物を始め私たちまで認識していますが、気象神社の神主さんが言っている「天気の巫女」と言うのが正しいです。

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
え、その二つはどう違うの?
なかぺん
なかぺん
確かにわかりづらいけど、両者は決定的に違うんだ

晴れ女と天気の巫女の違い

晴れ女」とは、高確率で晴れの日に恵まれる女性のことを指します。

Google先生によると、晴れ女とは上記のようになります。陽菜の場合は高確率どころではなく、100%晴れにします。

これは、陽菜はそもそも晴れにするだけでなく、雨にも雪にもすることができる「天候を操れる女」と言うことですね。これを作中で神主さんは「天気の巫女」と言っています。

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
つまり、晴れ女は晴れさせるだけで、そもそも陽菜さんは天気を操れるから違うってこと?
なかぺん
なかぺん
そう言うこと!「お願いっ!」って言っていることから、厳密には陽菜さんも「力を借りているだけ」なんだけどね 

雷を落とせたのは陽菜が願ったから?

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
じゃあ、陽菜さんが雷を落とせたのは「天気の巫女」の力のおかげなんだね!
なかぺん
なかぺん
それが一つ目の理由なんだ。帆高を助けたい、そう強く思う気持ちが雷という結果で現れたんだよ。

しかしそれだけではないのが新海監督の凄いところ。

「雷」は劇中になんども登場していて、そのほとんどが陽菜の心情と繋がっているんです。

雷が表す陽菜と空の関係性

天気の子 特報②より

空と、繋がっちゃったんだと思う

須賀さんの依頼からの帰り道、帰り道で陽菜が言ったセリフです。

これが雷が落ちる重要な伏線であると同時に、重要なシーンで度々落ちる雷の理由です。解説していきます。

劇中で雷が落ちるシーン

『天気の子』内で雷が落ちるシーンは全部で5つです(なかぺん調べ)。

  • 警察が陽菜の家に押しかけたシーン
  • 帆高が警察に逮捕されそうなシーン
  • ホテルにて「この雨が止んでほしいって思う?」「ーうん。」
  • 「陽菜はもう、晴れ女なんかじゃない!」
  • 陽菜を取り戻した後のシーン
ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
信用度うすっ! 
なかぺん
なかぺん
…見落としていたら教えてください。ホテルのシーンでは音+ランプの点滅で雷が落ちたことを確認できるよ

この中で「天気の巫女」の力を失った後の五番目は除いて、ある共通点があります

雷には「陽菜の同様」が表れている!

勘の良い方ならお気づきかもしれません、上記4つのシーンはいずれも陽菜の動揺、衝撃、不安が表れているシーンとなります。

陽菜の中にあった焦燥感や動揺、これが雷を落とせた二つ目の理由です

また、真夏に雪が降ったのも、未成年だけでの宿泊がNGと立て続けに断られた、「冷え切った心」を表しています。

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
雷に打たれたような衝撃、とも言うもんね

まとめ

  • 陽菜は晴れ女ではなく天気の巫女
  • 陽菜の心情や気持ちは天候に反映されている
  • 雷は陽菜の動揺の比喩
  • 帆高を助けようとする思いと、動揺が重なって雷を落とせた

まとめると以上となります。本当に新海監督が描く心情描写は繊細で素敵だなぁと。、みなさんが少しでも『天気の子』をより好きになれたら幸いです、では次回でお会いしましょう。

ぺんこちゃん
ぺんこちゃん
またね〜 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です